そのファッションセンスで稼ごう!

やはり男性よりも女性の方が、もの選びのセンスは優れています。洋服のコーディネート力を活かして、バイトをしてみてはいかがでしょう? 服飾店のアルバイトは、なかなかしんどい面もありますが、楽しさと充実感も共に得られる、おいしい仕事の1つです。

服を展示して、売って

服飾店での仕事は、もちろん洋服を売ることです。しかし、よりたくさんの品物をお客さんに手に取ってもらうためには、洋服を上手に展示する必要があります。店のレイアウトなどは社員が考えてくれることがほとんど。アルバイトは、整然と服をハンギング(ハンガーにかける)する、あるいは畳むなどして、売り場を見やすく、きれいに保ちます。

もちろん、気に入ってもらった品をレジ打ちするのも、アルバイトの仕事の1つです。別のバイト先でレジの経験があれば、すぐに覚えられるでしょう。

みんな最初は苦労する

服飾店でもっとも辛い仕事は、接客です。お客さんに声を掛けて、自ら商品を売り込まなければなりません。トークが苦手な方は、ここでかなり苦労するでしょう。しかし、おすすめした服が売れるのは非常に気持ちがいいもので、やりがいにもなります。

またお店によっては、接客はしなくていいというルールを敷いていることもあります。この手のお店を見つければ、人見知りなあなたでもセンスを活かして働けるでしょう。

メリットだってたくさんだ!

お店にもよりますが、バイト中は大体、各自のブランドの服を身につけて販売をすることになります。「ええ、お金がかかりそう…」と思うかもしれませんが、スタッフが商品を購入する際には「社割」という制度が適用され、安価で入手できるので、ご安心を。働きながら自分の服のコレクションが充実していくのは、服飾店でしか味わえないメリットの1つです。また、同じ洋服好きの仲間と交流できるのも、生活の良い刺激となるでしょう。

服飾店は何も、若い女の子でなければ働けない、という場所ではありません。お店の客層に合わせて、30代・40代のスタッフを中心的に雇うところもあります。自分の好きなブランドが募集をかけていたら、思いきって挑戦してみてはいかがでしょうか。

磨かれる知識、教養

ライターの仕事には多方面の知識が必要です。自分がまるで知らない分野のライティングを任されることもあります。ときには過酷な案件もあるかもしれませんが、仕事をこなすうちにさまざまな知識がついてくるのは、ライティングのメリットと言えるでしょう。会話のネタもどんどん増えて、仲間内でも「面白い人!」と見直されるかもしれません。また、世間的に「物書き」は尊敬される風潮にあるので、これも嬉しいところです。

文章を書くのが好き、本を読むのが好き、そういった文化系の方にはぴったりの仕事と言えるかもしれません。広告代理店などが募集するライターはなかなか採用の基準が厳しいので、まずは誰にでもできるウェブライティングから始めてスキルを磨き、その後でバイト雇用を目指すのも1つの考え方です。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.