テレクラ、オナクラまではセーフ

風俗系の仕事でよりガッツリと稼ぎたいならば、チャットレディから一歩踏み込んでテレクラ、オナクラで働いてみてもいいかもしれません。しかし、風俗の仕事は一度ハマると底なしです。必ずここで踏みとどまれる人だけに、2つのお仕事を紹介しましょう。

電話でエッチなお話を

テレクラでのお仕事は、電話で男性とエッチなおしゃべりをすることです。通話を長引かせるほど、多くの報酬を得ることができます。「顔が見えない相手ならば、大胆になれるかも」という女性ならば、務まるお仕事でしょう。言葉による直接的な性表現を求められることも、多々あります。喘ぎ声を要求する男性も少なくありません。しかし、生身の体をさらすことも、触らせることもないので、プライドを損なわず働くことができます。

テレフォンレディにも、在宅で働けるタイプと、店舗に出勤して電話を受けるタイプがあります。特に在宅タイプには悪質な業者も多いので、求人に応募する前に、会社の評判を集めるなどの下準備を怠ってはなりません。

男性のアレを見るだけでOK

信じられない女性もいるかもしれませんが、世の中にはオナニーを見てもらうことで性的な興奮を覚える男性もいます。その願いを叶えてあげるのが、オナクラというお店です。

お仕事は着衣のまま行います。裸をさらす必要もありません。また、基本的に男性が擦っているところを見るだけなので、体力的な疲れも少なめです。オプションとして官能小説の朗読などをお願いされることはありますが、歩合もつくので、頑張ってみましょう。

お店によっては、精液を手で受けるサービスを売りにしていることもあります。抵抗感を感じるならば、面接時に「それはできません」と明言しておいてください。この手のお店は女の子を大切にしてくれるので、強要してくることはほとんどありません。

いずれも風俗関係の仕事の中では、比較的ライトな部類に入ります。しかし、ここで調子づいて、ヘルスやソープに身を落とすことのないように気を付けてください。当然、そういったお店にも立派な女性はいますが、体力や精神がタフでないと務まる仕事ではありません。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.