自分でやりがいを見つけよう! 清掃業・守衛

清掃業やビルの守衛にも、中高年の人たちが活躍しています。あまり目立たない仕事ではりますが、社会を支える立派な仕事です。思わぬリストラ後、失業保険も切れて収入に困れば、そんな仕事にチャレンジしてみましょう。

清掃業の仕事とメリット

持ち場によって若干の違いはありますが、清掃業の仕事は、指定されたエリアをきれいに掃除することです。どうしても移動距離が長く、屈む機会が多くなるので、腰痛をお持ちの方にはなかなか酷な仕事かもしれません。少しでもラクに働きたいのならばホテルの客室係の求人を探すと良いでしょう。エアコンが効いた静かな室内で仕事ができます。

清掃業のメリットは、自分なりのペースで働ける、ということです。もちろんノルマが決められている場合もありますが、それさえこなすことができるならば、後はどのように仕事の順番を組み立てても、自由です。自分なりの仕事のパターンを見つけていくのは、どんな職種においても快感です。真面目に取り組めば、やりがいを感じることもできます。

ビル守衛、警備員の仕事とは?

守衛や警備員の仕事も、会社によってさまざまです。特定の場所で立ったまま時間を過ごす職場もあれば、決められたエリアをぐるぐると巡回する職場もあります。どちらもそこまで肉体的にはハードではありません。しかし、外での仕事に回されると、夏・冬はそれなりに辛い思いをします。なるべく施設内での仕事を上手に見つけたいところです。

対人的なストレスがほとんどないのは、守衛・警備員の仕事のメリットと言えます。いわゆる接客をすることはありません。道を訊かれることが多い仕事ですが、親切に教えてあげると、「ありがとうございます」という温かい言葉もかけてもらえるでしょう。モチベーションを高く維持し、ニコニコと笑顔で勤務すれば、きっとすぐに勤務時間が過ぎていくはずです。責任を持って仕事ができる警備員は、雇い主からも重宝がられます。

日陰の仕事ではありますが、いずれも社会貢献度が高い職種です。日本に住まう人々がきれいな環境、安全な環境で暮らすために、あなたの力が必要とされています。

Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.