実は楽しい軽作業アルバイト

工場や倉庫など、軽作業の職場では、中高年の男性が多く活躍しています。お客さんを相手にすることもなく、対人的なストレスも小さめ。真面目に働けば、正社員として雇用してもらえるかもしれません。リタイア後・リストラ後に挑戦する価値はあります。

常に人手は足りていない

この手のお仕事は、大体において「単調」なのが特徴。刺激が少ない職場なので、すぐに若い人たちはやめていってしまいます。そのため常に人手は足りておらず、ほぼ随時募集を行っています。求人誌の情報になくても、近くの工場に電話してみれば雇用のチャンスはアリ。長期間仕事を続けてくれる中高年の人たちは、会社としても嬉しい人材です。

お仕事の内容は?

どんな製品を扱っているかによってずいぶんと内容は変わりますが、仕事のほとんどは流れ作業・反復作業です。ベルトに乗って流れてくる部品を黙々と組み立てたり、梱包材を作って商品を詰め込んだり…。1つひとつの作業は、10分もあればマスターできるでしょう。後はどこまで手を早くして、作業を効率化していくか。そこが勝負となります。

軽作業とは言いながら、倉庫の中で重い資材の運搬を命じられることもあります。足腰の弱い人は、面接時に仕事の内容を詳しく確かめておいた方がいいかもしれません。

意外に多い軽作業のメリット

何となく地味なイメージがあって遠ざけられがちな軽作業の仕事ですが、意外にもメリットは少なくありません。まずはやはり、お客さんがいない、ということ。接客のストレスを感じることなく、気楽に作業できます。また、似たような境遇の仲間と交流できるのも嬉しいところです。休憩時間は一緒に談笑し、仕事が終われば飲みに行っても良いでしょう。リタイアやリストラで味わった寂しさが、働くうち、次第にまぎれていくはずです。

フォークリフトの運転資格を取ると、より時給もよくなります。座ってできる仕事でもあるので、オーバーエイジには魅力的。興味があれば、チャレンジしてみてください。

「男がやる仕事じゃない!」と思うかもしれませんが、実際、軽作業の現場では数多くの中高年男性が活躍しています。あなたの力が、必要とされているかもしれませんよ。

Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.