ひ弱なあなたに肉体労働は無理!

引っ越しや土木作業など、肉体を酷使するアルバイトは、あまり万人におすすめできる仕事ではありません。高い日当に惹かれて応募すると、痛い目に遭う可能性もあります。ピンポイントで働くならばまだしも、長期的に続けるのは避けた方がいいでしょう。

引っ越しは足腰とハートが強い人だけ

1日こなせば1万円以上の賃金を得ることも可能な引っ越しのアルバイト。なかなか魅力的に思えますが、必ずしも「誰にでもできるバイト」ではありません。ちょっと自宅の家具を動かすだけでも、かなりきつく感じる人も多いはずです。その数倍の量を、しかも壁紙や本体を傷つけないようにデリケートに運ぶのは、なかなか過酷な仕事となります。

また、引っ越し業界は縦社会です。先輩の言うことは絶対、というマッチョな風紀があります。新入りには概して厳しく、嫌がらせをしてくる人たちも少なくありません。もちろん、職場に馴染んでいけばそのようなストレスは減りますが、最初から気軽に働きたい方には不向きでしょう。腕力に乏しく、足腰が弱い人にも、務まらない仕事です。

怪我の心配も多い土木作業

鉄材を運んだり、地面にスコップで穴を空けたり、高い足場まで登って作業したり…土木系のバイトは、1日や2日で慣れるものではありません。確かに日当は魅力的ではありますが、初心者は「もっと貰えるはずだろう」と泣きたいような思いも味わうでしょう。

土木現場もまた、引っ越し業界と同様に縦社会です。仕事ができない新入りは、「もうおまえは来るな!」などと悪し様に罵られることもあります。彼らは常にタイムリミットと戦って仕事をしている人たちなので、新入りに優しくするような心の余裕もありません。

もっとも大きな不安として、怪我の心配が多い、という点も挙げられます。特に中高年の方は、一度どこかを負傷すると、なかなか復帰できないもの。別のバイトを見つけてコツコツと働いておいた方が良かった、という結果になることもあるでしょう。

報酬が良い仕事は、そうそう甘くないものです。よほど強靭な体と精神の持ち主でなければ、この世界で生き抜いていくことはできません。「おまえは役に立たない」と正面切って戦力外通告される前に、この手の仕事は最初から避けておいた方が無難でしょう。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.