ゲーム好き必見!?デバッガーのお仕事

ゲームが好きな人なら一度は経験してみたいのが「ゲームデバッガー」というお仕事。世の中のゲームがスムーズに楽しめるのは、この人々のおかげと言えます。作業自体は非常に楽ではありますが、単純作業に負けない根気も必要なこのアルバイト。興味がある方は是非一度チャレンジしてみましょう。

いったいどんなお仕事?

デバッガーのお仕事は非常に単純なものです。実際のゲーム機を操作し、(エミュレーターと呼ばれるものを使用する場合もあります)バグやエラーが出たら報告するだけです。普段からご自宅でプレイをされている方はもちろん、あまりやったことがない人でもできてしまう簡単なお仕事です。

時給は地域によっても違いますが、およそ1000円前後であることが多いです。コンビニなどのアルバイトと比べれば、仕事内容の割には高時給と言えるのではないでしょうか?やる気さえあれば月に20万円稼ぐことも可能だそうです。

ただし、デバッグ会社に案件が持ち込まれなくては仕事がありませんので、時期によっては収入が大幅に下がってしまう可能性もあります。実際には継続的な募集よりも短期の募集が多いので、何社かに登録を行っておくとよいでしょう。そして募集がかかったらすぐに応募できるよう、小まめに仕事のチェックを行ってください。

求められる能力とは?

デバッガーに求められるものはゲームスキルやプログラミング知識ではありません。一言で言えば「根気」です。とにかく同じ操作を延々と繰り返すことが多いので、それに耐えられる精神力が必要となります。また、単純作業の繰り返しになるのでついつい手を抜いてしまいがちですが、小さなバグでも見逃さない注意力も必要です。

そしてデバッグはたいていの場合チームで行われますので、最低限のコミュニケーション能力もあった方が良いでしょう。ただし、接客業のような対応力は要りませんので、人と接することが苦手な人でも十分につとまります。チーム内で有効な関係が気づければ、プライベートでの付き合いにも発展するでしょう。ゲームが好きで働いている人がほとんどなので、趣味が合って話も弾むはずです。

すべてのデバッグ作業を終えたときには、大きな達成感を得ることができるでしょう。そしてそのゲームが発売されたときには「自分が開発に携わった」という感動もあります。ゲームが好き、という人はもちろんですが、何かを作り上げることが好き、という人にもオススメ出来るアルバイトです。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.