バーテンダーのアルバイト

バーテンダーは、時には自分もお酒を飲みながら、お客様とお喋りして収入を得る事ができます。未経験で始められますが、お客様からの信頼を得る目的で資格を取る人もいるでしょう。日本バーテンダー協会というのがあって、会員になっておかないと受験資格を手に入れる事はできません。23歳以上で会員歴が3年以上、実務経験5年以上の人が、受験資格を手に入れる事ができます。

メリットは?

とにかく出会いが豊富なところがバーテンダーの最大のメリットです。異性とだけではなく、同性や隣近所の飲食店の人達とも親しくなる事ができます。また、お酒の知識が身に付くところもメリットの1つです。少しでも多くのカクテルのレシピを習得したいですよね。

デメリットは?

バーテンダーは、働く時間帯が家族や友人と異なる為、コミュニケーション不足になりがちです。休日前は大忙しで、お仕事の時間帯も深夜帯になります。慣れるまでは大変だと感じる事もあるでしょう。また、時には酔っ払いに絡まれる事もあります。そんな時には、臨機応変に対応していきましょう。

必要なのは?

お酒の知識と、コミュニケーション能力、更には洞察力も必要だと言えるでしょう。バーテンダーのお仕事はマニュアル本があります。そちらで学んで知識を付けてから始めるのもいいですし、働きながら知識を身に付けるのでもよいでしょう。

また、知識以外にも大切な事は、お客様がいかに寛げる空間を提供してあげられるかです。お客様にとって、バーは癒しの場でなくてはなりません。そして、大半のお客様はバーテンダーとの会話を楽しむ為にも来ているという事を忘れないようにしましょう。お酒や料理を出すと同時に接客業なので、高いコミュニケーション能力が必要だと言う事ができます。

気になるその収入は?

雇用形態にもよりますので、一概には言えません。雇われて働いている以上は、想像よりも低い事もあるでしょう。オーナーから見て、知識が豊富でコミュニケーション能力も優れていると判断された場合は好条件になる場合もあります。もちろん、将来的には独立も夢ではありません。本人の努力次第と言う事ができるでしょう。

バーテンダーのお仕事は特に資格は必要ありませんが、日本バーテンダー協会による難易度別に三段階に分かれた資格があります。資格を持っているとお客様からの信頼を得る事もできますし、何より自分に自信が持てることでしょう。意外と奥の深いこのバーテンダーのお仕事は、カクテル等アルコールについて学べるだけではなく、毎日様々な年齢や職業の人との会話を楽しむ事ができます。コミュニケーションに自信がない人でも、経験を積む事によって、身に付ける事ができるでしょう。お酒が好きで、人と接する事が大好きな人にとっては、最高のお仕事だと言う事ができます。

Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.