日雇いのアルバイトのメリット・デメリット

日雇いのアルバイトとは、読んで字のごとく一日単位で雇われる雇用体系のことです。お給料がその日のうちに支払われることもあるので、すぐにお金が必要となる人には最適なお仕事と言えるでしょう。その特徴や、雇い主の背景などについて解説していきます。

好きな時間に好きなだけ働けます

日雇いのアルバイトのメリットは、お金が急に必要になったとき、募集さえあればすぐにスタートできること。そして自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に働けることでしょう。突然の出費に備えて今すぐお金が欲しい、なんて場合には検討してみてください。

ただし注意したいのは、やはり安定した収入は得られないということです。すでに何かの職を持っていて、その空いた時間でこなすのであれば問題はありませんが、継続的に働くというのは無理な話です。一時は頻繁に来ていた募集も、突然お仕事がなくなるという可能性もあります。毎月同じくらいの収入を確保したいのであれば、やはり普通のアルバイトの方が良いかも知れません。

企業側が日雇いを募集する理由とは?

頻繁に行われている日雇いアルバイトの募集としては、ポスティング系や倉庫内軽作業などが挙げられます。これらは誰でも出来る単純な作業なので、経験がなくてもすぐに開始することができるでしょう。しかし、ひたすら単純作業を続けるのは実はとても大変で、さらに時給の安さもありなかなか人が定着しないものと言えます。

一方、高時給な日雇いアルバイトとしてよく募集されるのは、搬入・搬出系や引っ越し系です。やはりこのお仕事も、内容は単純なので誰にでもすぐにはじめることができます。しかし、力仕事になるので、体力に自信のない方には難しいと言えるでしょう。そのため、基本的には若い男性向けの求人となり、入れ替わりが多くなってしまいます。

このように、頻繁に日雇いで募集がかかるアルバイトには「ひたすら続く単純作業」や「厳しい肉体労働」といったものが多いと言えます。そのため、仕事を長期で続けられる人が少ないのが問題となっています。

こうした状況を企業は分かっているので、とにかく人員を確保するために常に求人を出しています。日雇いのアルバイトを探している人も、「多少仕事がきつくても、その日だけだから頑張ろう」という気持ちで応募しているようです。雇用主と雇用者で、お互いの利益が一致しているからこそ、日雇いという働き方が成立していると言えます。

日雇いのアルバイトは、短期ですぐに採用をしたいという目的があるため、時給が少し高めに設定されている場合が多いです。内容は大変なものが多いですが、その分すぐに大きな収入を得られるでしょう。お金が急に必要な方にはぴったりの働き方です。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.