楽をして稼げる治験のアルバイト

みなさん、治験のアルバイトをご存じですか?新薬の開発に血液採取などの協力をして謝礼をもらうのがこの治験バイトです。まだ開発途上の新薬の実験に使われるので、昔から「裏社会で密かに募集がかけられるアルバイト」と噂されていました。

しかし、今では治験はアルバイトというより、ボランティアに近い形でアピールされています。新薬の開発は医学の向上と健康で元気な社会作りに貢献するということで、社会福祉のための奉仕活動というわけです。ボランティアなら無報酬のはずですが通常のボランティアに比べ、身体的にも時間的にも拘束される部分が多いため、協力費という形でお礼金が払われます。

どんなことをするの?

治験は、国が定めた基準や条件を満たした医療施設で行われます。治験内容によって通院で済む場合もあれば、入院が必要なケースもあります。

新薬の実験台になるということで、かなりリスキーな仕事というイメージを持たれるかもしれませんが、リスクがあるかどうかは動物実験を通して証明済みですので、安全性に関しては担保されています。この仕事で辛いところは、精密なデータを収集するため、治験期間は厳格な管理の下で生活を余儀なくされることです。

治験が終わるまでは、食事制限もかかりますし、激しい運動などもNGです。基本的に外出も禁止で、ひたすら施設内で大人しく過ごさなければなりません。じっとしていることにストレスを感じる人は、治験バイトは向いていないかもしれません。

しかし、決められたルールを守れば極端な話、寝ているだけでお金がもらえるので、これほど楽な仕事はないかもしれません。入院期間は漫画やゲームなどを持ち込んでひたすら遊びふけるのもいいですし、場所が病院でなければほとんど休暇を取っている状態に等しいといえます。

気になる報酬は?

高額と思われがちな治験のバイトですが、いくらもらえるのか。治験の内容や医療機関にもよりますが、だいたいの相場は決まっているみたいです。

通院の場合、1日につき70,000~10,000円くらい。入院の場合、1泊につき10,000~20,000円くらいということです。もし10日の入院が必要であれば、多くて20万円の報酬がもらえるという計算です。

薬を飲んで、経過を見て、あとはベッドでごろごろしているだけでこれほどの高額な報酬がもらえるのですから、これほどおいしくて羨ましいバイトはないでしょう。本職よりこちらの副業で稼ぐという人もいるかもしれませんね。

募集はどこでやっているの?

治験のバイトは俗に裏稼業というイメージが付きものでしたが、現在ではだいぶ前向きにとらえる風潮となり、治験専門のウェブサイトもあるくらいです。治験のバイトに興味があれば、治験サイトに会員登録して条件の合う治験内容や施設を探せばいいのです。

薬の種類や治験項目によっては数週間の入院も必要となってくるので、長期休暇中の学生など、それなりに時間に余裕のある人でなければ務まりません。治験のバイトはサラリーマンが副業でやる仕事としては不向きかもしれません。

新薬の開発は、社会貢献、福祉の向上という意味合いもありますので、その認知度もあがってきました。単にお金稼ぎという目的でもいいですが、自分の体を使って画期的な新薬の開発に貢献したい、という意気込みで臨めば、やりがいも生まれてくるかもしれませんね。

Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.