愚痴聞きアルバイト

求人雑誌をめくれば、実にいろいろな募集広告を目にする今日。必ずしも会社勤務しなくても業務が務まるという在宅勤務も増えてきました。

在宅勤務は空いた時間を使って出来る簡単な仕事が多いので、主に主婦の人たちに活躍の場が広がっているみたいです。そんな数ある在宅ワークの中で、際立つのが、"愚痴聞きサービス"というアルバイト。その名の通り、愚痴を聞くだけの簡単なお仕事です。

電話で愚痴を聞くだけでお金になる

今も昔も、アイディア勝負で一攫千金を狙う業者は存在します。楽して儲けようと考える人たちも後を絶ちません。どんな仕事でも苦労はつきもの、汗水流して報酬を得る。これがまっとうな仕事のあり方ですが、本音をいえば、楽をして儲けたい、というのが人情でしょう。

この愚痴聞きバイトは、まさしく「楽をしてお金をもらう」仕事の王道といえるかもしれません。電話もしくはスカイプで相手の話を聞くだけ、ですので、必要なスキルといえば聞く力くらいでしょうか。

いくらもらえる?

自宅にいながら電話で話を聞くだけの楽ちんバイト。このバイトの時給はおおむね1,000円が相場です。忙しいコンビニや居酒屋で立ち回って働いて同じくらいの時給だと考えれば、かなりおいしいバイトではないでしょうか。

どんな人に向いているか?

話を聞くだけというと、誰にでも出来る簡単な仕事のように思えますが、相手は不満や面白くないことがあって愚痴をこぼしたいわけですから、単に話を聞くだけでは務まらないかもしれません。

高ぶる相手の気持ちを静めるような言葉遣いや気配りも重要となってきます。上の空で聞かれても、お金を払って話をしている側からすれば悲しいものでしょう。話を聞くうえで大事なポイントは、相手の心情をくみ取るような聴き方をするのがベストではないでしょうか。

そのためには、相手の話を真摯に聞く姿勢、誠実さ、話を咀嚼して適切な言葉で返すコミュニケーション能力が求められるといえます。自分より他者の気持ちを優先できる人でなければ難しいかもしれません。

また、会社によっては女性限定で募集をかけているところもあるようです。話を聞く相手は女性のほうが適任ということでしょうか。また、こうしたサービスのユーザーは主に中年の女性が多いことが考えられます。家庭のいろいろなことや、夫、姑に対するストレス、愚痴、不満を誰かにぶつけたいと思っている世の中の主婦は多いでしょう。

特定のターゲット層が主婦であれば、やはり似たような境遇にある女性のほうが話も理解しやすいですし、共感できる部分もあります。相手がどんな人であれ優しく広い心で大きな悩みと不満を受けとめられる度量を持った女性がふさわしいかもしれませんね。

この仕事をするうえで必要なこと

愚痴聞きサービスはお客様のたまりに溜まった鬱憤を晴らさせる仕事です。単純にいえば話を聞くだけです。特別な資格もスキルも経験値も必要ありません。

しかし、この仕事を任せられた場合、守るべきことは守秘義務です。顧客のプライバシーや、いろいろな人の個人情報もからんでくるおそれがありますいから、それらを秘匿する義務が課せられます。

個人情報の取り扱いに厳しい昨今ですので、重大なプライバシー情報が流出すれば会社の信頼問題につながります。この仕事に携わる人はモラルを重視して慎重に業務を行う必要があるといえるでしょう。

Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.