憧れの海の家でバイトする

夏になると、海開きとともに多くの浜辺やリゾートが海水浴客で賑わいを見せます。広い砂浜に展開する海の家では、このシーズンに限って営業が開始され、そこで働く店員も募集がかかります。

ロマンティックな海の家で働きたいと考える人は多いでしょう。一夏の思い出作りにピッタリのアルバイトともいえます。働く仲間や行楽客との素敵な出会いも期待でき、バイト生活に豊かな彩りを与えるといえるでしょう。

どんな仕事?

海の家の役割は、海水浴にやってきたお客さんたちをいかにもてなし、楽しませるかが大事なポイントでしょう。そこで働くバイトは、そのための接客やサービスの提供が求められます。

働く場所ごとに任せられる役割も異なります。受付に回る人はお客様に対する案内・説明・誘導などを行い、キッチンを任せられたスタッフは料理の調理と提供、それらをおいしく快適に頂けるようもてなすのが桟敷スタッフと呼ばれる人たち。それぞれが自分たちの役割と業務を意識して動き、全体的にお客様が楽しめる空間作りに勤しんでいます。

どんな人たちが働いているのか?

海の家のシーズンは海水浴客で賑わう7月、8月が中心ですので、夏休みを利用して学生のアルバイトが働くケースが多いみたいです。学生に限らず、時間のとれたフリーターが活躍しているところもあります。

基本的に、海が大好きで、人が楽しむ姿を見るのが好き、開放的で明るい人が向いている職業とえいます。また、浜辺には家族連れからカップル、学生の団体客まで幅広い客層がやってくるので、どんな人にも合わせて対応できる豊かな人間性と接客スキルがあると喜ばれるかもしれませんね。

出会いに恵まれる環境

夏になると、人は自然と開放的になります。また、出会いが生まれやすくなるのもこの季節です。海の家で働けば、お客様や同じ職場で働く仲間との出会いが期待でき、その後の人生に大きな幸運を運んでくれる予感すら期待していまいます。

特に、夜景を抱いた夜の海はムードがあり、ロマンの心をかき立てます。恋に落ちる舞台設定としては、これほどの演出効果はないといえるでしょう。

海の家のスタッフと、見知らぬ町から海を見たくてふらりとやってきた女性客が恋に落ちる話なんて、特別珍しくも何ともないでしょう。男と女はロマンを求めるもの。若ければ若いほど、情熱的に突っ走ります。そうなるともう誰にも止められません。

愛の契りを結ぶ場所が浜辺であれ、岩陰であれホテルであれ、きちんと最後までやり遂げることが肝心ですよね。そんなときのためにし損じることのないよう、バイアグラを所持しておくのもいいかもしれません。

その場合、医師の処方を受けた安全なものをご利用することをお勧めします。安物のまがい物ほど怖いものはありませんから。

ともあれ、素敵な夏の思い出が作れるといいですよね。夏という季節は、いろいろな夢を私たちに見させてくれる特別な季節です。

勤務時間、勤務中の服装などは

海の家で働く勤務時間は、だいたい朝の8時から夜の8時前後くらいです。どの家もシフト制を導入しているところが多く、空いた時間に自由に働けるシステムです。一番忙しくなる土日は当然働くスタッフも多いので、週末働ける人は重宝されるでしょう。

服装や髪型に関しては、基本的にはフリースタイルで、自分流のファッションで働くことが可能です。しかし、中には規定の制服着用、ピアスと茶髪禁止など、規則を設けている場所もあるので、面接時にしっかり確認しておくことが大事といえるでしょう。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.