インターネットカフェのアルバイト

「アルバイト 楽」などで検索をすると大抵上位にヒットするのが“ネットカフェのスタッフ”です。実際に働いている人からのオススメされる声も多く、今最もアツいアルバイトだと言えるでしょう。ここでは、ネットカフェスタッフの主な業務とバイト先の選び方をご紹介します。

そもそもネットカフェは本当に暇なのか?

ネットカフェのアルバイトについて検索すると、多くの場合“暇”というキーワードがヒットします。「仕事中は暇すぎて眠くなる」と言った声も聞かれますが、それは本当の話なのでしょうか?

実際にネットカフェで働いているAさんはこう語ります。「私は夜勤なのですが、一晩で漫画を10冊近く読めるくらい暇ですよ。深夜はお客様の出入りが殆どありませんから。普通にネットサーフィンもしています」。日勤はともかく、夜勤は人の出入りが少ないため、相当暇なのかもしれません。

もしこれからネットカフェのアルバイトを探す予定の方は、本気で楽をしたいなら夜勤を狙うと良いでしょう。日勤はサラリーマンなどが多く利用するため、想像以上に混み合っている店舗が多いようです。

具体的な業務内容について

ネットカフェ店員の主な業務はレジ打ち、接客、掃除、漫画の新刊の発注、場所によっては調理作業もあります。イメージ通りの業務内容であったかとは思いますが、調理作業は意外だったのではないでしょうか。
確かに最近のネットカフェは店舗内で食事を取ることができますよね。当然店舗スタッフが調理している訳ですから、アルバイト業務に入ってくるのは当たり前と言えます。

と言っても、その多くが簡易的な食事を提供している店ばかりなので、調理技術がなくても対応できる場合が殆どです。電子レンジやオーブンで温めて提供することが多いという話も聞きますから、調理に自信がない方でも安心ですね。

また、ある程度仕事が任せられるようになってくると、新刊の発注業務をすることもあるようです。カフェに導入する新刊を独断で選ぶことが許されており、流行の人気漫画を入れるのはもちろん、自分好みの漫画まで入れて良いとか。それが一番の楽しみだと口にするネットカフェスタッフも多いです。

できるだけ楽がしたい!正しいアルバイト先の選び方

オススメはオープニングスタッフを募集している新しい店舗です。特に大手ではなく個人店舗が良いとされています。

というのも、業務が楽で時給が良い店舗は定員の定着率が高く、中々空きが生まれないとのこと。逆に忙しい店舗は店員の入れ替わりが激しいため、常に求人を出しているケースが多いという話です。

つまり、新しくオープンする個人経営の店舗がベストだと言えます。中でも夜勤は時給も上がり、お客様の出入りも少ないのでオススメなのでしょう。あまりの居心地が良く、十数年単位で働いている人も多いそうなので、競争率は他のアルバイトに比べて高そうですね。

いかがだったでしょうか。ネットカフェのアルバイトは楽だという噂は本当のようですね。基本的に接客業ではあるものの、時間帯によっては殆ど人が来ないことも多いので、接客業に慣れていない人でも安心して働けるかと思います。あなたもネットカフェのスタッフを始めてみませんか?


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.