夜中の牛丼屋は穴場かも

深夜の飲食店のバイトは、意外にイージー!? 仕事も単純な牛丼屋ならば、悠々と働けるでしょう。まかない付きで、食費を浮かすこともできます。感じの良いお店をうまく見つけて、さあ、応募の電話をかけましょう。

飲食店で働くならば、深夜に限ります。深夜手当がついて時給が良くなるのに、お客さんの数は圧倒的に少なく、のんびりと働くことができます。寝つきがあまりよくない…という人はその生活スタイルを活かして、「うまみ」たっぷりの深夜の牛丼屋で働きましょう。
どこで働くかの参考になるのがコチラ⇒牛丼屋 | 実録!飲食バイト体験レポート!

盛って、出すだけ

牛丼屋のアルバイトの仕事は、単純です。食材は大体前の時間帯の人たちが準備してくれているので、注文に合わせて盛り付けて、それをサーブするだけ。1時を過ぎれば、ほとんど来客もなくなります。実際、牛丼屋の深夜のアルバイターたちはバックヤードでぼんやりと過ごしている時間も多いようです。オーナーからすれば、深夜に出勤してくれていること自体が嬉しいので、大切に扱ってもらえます。

1人はちょっときついけれど

特に地方では、深夜の売上がほとんどゼロに近い、という牛丼屋も少なくないようです。壊滅的にヒマなお店では、深夜の営業が1人に任されることもあります。調理のバイトというよりも、ただ営業をキープしておく守衛のような仕事に感じられるかもしれません。

話せる仲間がいないというのは少しきついことではありますが、黙々と働くのが好きなタイプの人ならば、さほど苦には感じないでしょう。強盗が多発している都会のお店は避けて、安全な地域で選んでください。お店選びにさえ失敗しなければ、最高のバイトです。

やっぱりおいしい飲食店

ほとんどの飲食店のメリットとして挙げられるのが、やはり「まかない」です。牛丼屋もその例外に漏れず、一食無料(あるいは割引価格)で食べさせてくれます。バイトのたびに食費が浮かせられるのは、余裕のない学生だけでなく、誰にとっても嬉しいことです。

これまで飲食店に抵抗を持っていた人にも、深夜の牛丼屋はおすすめです。ここで「飲食店でも働ける」「夜も働ける」という自信を持つと、もっと稼げる仕事の選択肢も見えてきます。女性の方にとっては少し厳しいバイトかもしれませんが、もちろん雇ってくれるお店もあります。求人を見つけたら、臆さずに応募してみましょう。

Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.