家庭教師のアルバイト

家庭教師の仕事に憧れを抱いている人も多いでしょう。家庭教師は登録制のアルバイトとなっており、仕事の探し方や業務(指導)開始までの流れが通常とは異なることが大半です。そもそも、どうやってアルバイトを探していくのか、あなたはご存じでしょうか?

仕事の探し方は二つある

家庭教師のアルバイトは、"家庭教師センター"か"個人契約"で見つけることができます。今現在は前者がスタンダードとなっており、家庭教師センターに登録することで生徒を紹介してもらえます。

個人契約もここ数年増えてきていますが、やはりセンターへの登録と比べると劣っています。確かに個人契約サイトは充実してきてはいますが、その数はかなり少ないのが実情です。

また、家庭教師センターといっても"家庭教師派遣業者"と"教材販売業者"といった二種類が存在します。前者は保護者から授業料を徴収し、それが業務委託料となって教師に支払われるもの。こちらの方が一般的だと言えます。

教材販売業者の場合、教師を保護者に紹介する代わりに費用を徴収します。それが紹介料となっており、その後は保護者の家庭から教師に直接授業料が支払われるため、実質的には個人契約と言えるでしょう。教材業者が仲介業者の役割を果たすということです。

家庭教師センターに登録するメリットとデメリット

センターは非常に多くの生徒を抱えているため、早い段階で紹介してもらうことが可能です。個人契約に比べ圧倒的に仕事量が安定しているため、長期的に働きたい人はセンター登録がオススメです。

また、生徒と教師の間にトラブルが生じた際にもセンターが仲介してくれるのも大きいでしょう。これは保護者と教師のトラブルにも同じことが言えますし、意外とトラブルは多いので仲介してくれるのは大きいです。

そしてセンターには様々な条件の生徒達がいます。時給をはじめ、指導科目や内容、学年や場所など三者三様です。もちろん依頼を受ける受けないは本人の自由ですから、生徒を吟味して指導できるのは大きなメリットですよね。

デメリットとしてはセンターが仲介料を取るので実質的な報酬が少なくなることが上げられます。仕事を紹介してくれるので仕方がないとはいえ、それが嫌というのであれば、個人契約を選択するほかありません。

他にも指導内容をまとめた報告書をその都度センターに提出する、センターが倒産すると報酬が支払われないといったデメリットもありますが、それ以上にメリットの方が大きいのでそこまで気にする必要はないでしょう。

個人契約のメリットとデメリット

個人契約最大のメリットは、"保護者の家庭から直接授業料が受け取れる"ことでしょう。上述にあるように、センターへの登録は仕事を見つけやすいものの、その都度仲介料を取られるので報酬は明らかに減ってしまいます。

一方デメリットはと言うと、やはり仕事を見つけるのが難しいことです。個人契約は一度優良顧客さえ見つければ、しばらく安定かつ高単価の仕事を続けることができます。しかしながら、その顧客を見つけるのが大変なので、経済的には安定しにくいと言えます。長期的かつ安定的に仕事をしたのであればあまりオススメできません。

いかがだったでしょうか?これから社会に出る学生達に勉強を教えるのはとても楽しいこと。彼等の点数が上がると自分のモチベーションにも繋がりますし、まるで自分のことのように喜んでしまうものです。家庭教師のアルバイトに興味がある方は、今すぐ仕事を探してみてはいかがでしょうか。


Copyright(c) 誰にでもできるバイト All Rights Reserved.